引越し時の梱包資材の確保

引越し時の梱包資材を確保する

引越し時の梱包について記載しているページです。

 

 

引越しで行うことは、簡単に言えば荷物と人の移動です。

 

 

人は自動車などを自分で運転したり、自分で乗って移動できますが、荷物は人間が運ばないと移動できません。
荷物といっても大きなものから小さなもの、重いもの、軽いもの、壊れやすいものと色々あるので、荷物にあった梱包資材を用意する必要があります。

 

 

真っ先に思いつくのはダンボールですが、大手や中規模の引越し業者であればある程度の数を無料で提供してくれます。
提供がなかったり、無料提供でも数が足りない場合は購入するか、スーパーなどで確保するかですが、ダンボールは買うと意外と高いので、スーパーなどで貰ってくるほうが経済的です。

 

 

しかし、一口にダンボールといっても材質や加工により強度が違うので、引越しには向かない物もあります。
強度が弱いダンボールは運んでいる最中に底が抜けたりすることもあるので、濡れていたり曲がっているものは危険です。
ある程度選別してもらってこないと使えないダンボールの処理に困ることになります。

 

 

大きさも大事で、できるだけ同じような大きさのものをそろえないとトラックの荷台にデッドスペースができてしまい運べる荷物の量が減ります。
おすすめは2リットルペットボトルの箱で、大きさは少し小さめですが、強度が強く工夫次第で様々なものが入ります。

 

 

梱包材の確保は意外とうまくいかないことも多いので、スーパーなどからもらってくる場合は早めに行動をしてください。

引越しは梱包で安くなる

梱包は引越し料金を大きく抑える可能性があるとても大事な作業です。

 

 

工夫をして荷物をコンパクトにまとめることが出来れば、限られたトラックの荷台スペースを有効に利用でき、結果として引越し料金を安くできることにつながります。

 

 

梱包でかさばりやすいものは衣服や布団です。
布団はそのままでは結構なスペースを取ってしまいますし、衣服もタンスに入れたままにできない場合は外に出してダンボール等に入れる必要があり、その分荷台のスペースを埋めることになります。
そこで、圧縮袋を利用して小さくまとめてしまうのです。

 

 

 

圧縮袋は布団や衣類の体積を小さくするうえに、持ち運びも楽になる大変便利なものです。
引越し業者の中には圧縮袋を無料で提供しているところもあるので、うまく利用すれば大きな経費削減効果を得ることが出来ます。

 

 

 

食器類の梱包も工夫をすれば小さくまとめられます。
緩衝剤として新聞紙を使うことが多いのですが、揺れても中身が動かないようにぎゅうぎゅうに詰めてしまえば割れる可能性は少なくなります。
緩衝剤を入れない分1つのダンボールに入る量が増えるので、結果として全体の荷物量が減ることになります。

 

 

タンスも荷物量を減らすポイントです。
衣服を入れたままで良い場合は、衣服と一緒に小物をタンスに詰めてしまうのです。

 

あまり重くなると作業スタッフが運べなくなるので限度がありますが、軽いものなら問題ありませんが、作業スタッフに確認し手置いた方がよいでしょう。

 

 

梱包を制すれば、大幅な引っ越し料金の削減が望めます。
上手にまとめて安い引っ越しの実現に役立ててください。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報