ペットの引越しの方法

ペットの引越しのやり方

ペットの引越し

ペットの引越しは色々と考えなくてはいけません。
いくら困ったからと言って家族の一員であるペットを置き去りにするわけにもいきませんし、それをやってしまえば飼い主として最低の行為です。

 

 

当然引越しをするのならペットも一緒に連れて行くのが飼い主が負う当然の義務と言っても良いでしょう。
とはいうものの、自分で車を運転できない場合はペットの引越しは困難なものになります。

 

 

自家用車で自力輸送ができればなんの問題もないのですが、引越し業者は荷台にペットを載せようとはしません。
トラックの荷台は扉を閉めてしまうと環境が劣悪なので、生き物を載せて運ぶには向いておらず、無理にペットを載せて運ぶと新居に付いたことには衰弱していたり、最悪の場合は死んでしまっていることも十分にあるので載せるわけにはいかないのです。

 

 

自力でペットを輸送出来ない場合は公共交通機関を使い飼い主とともに輸送する手段があります。

 

 

【フェリーでペットを引越しする】

長距離のペット輸送で比較的安価な手段がフェリーです。
一部ですがペットをケージに入れておけば客室に持ち込めるフェリーがあるので利用が出来るのならペットに負担を掛けることなく輸送ができます。
但し殆どの場合が予約制になっているので下準備が必要です。

 

 

フェリーを降りた後の移動手段を確保する必要もあるので利用する条件が厳し目ではありますが、悩ましいペット輸送の一つの手段として選択肢の1つになりうる方法です。

 

 

⇒「電車でペットを引越しする方法

飛行機にてペットを引越しする

ペット引越し方法は様々ありますが、飛行機によるペットの移動は他の輸送方法に比べても安全な方法です。

 

 

【ペットを飛行機にて引越しをする】

ペットを飛行機に載せるには、必ずケージが必要です。
ペットの大きさにもよりますが、小型のペットならケージに入れて手荷物として機内に持ち込む事ができる事もあります。
長距離引越しで引越しをする人間が新居へ飛行機で移動するのに飛行機を利用する場合はついでに連れて行くことも可能です。

 

 

機内に持ち込めない場合は貨物として載せることもできます。
貨物というと心配するかも知れませんが、通常の貨物と違い温度や湿度、気圧を管理された場所が用意されているのでペットの負担は可能な限り低く抑えられます。
犬のブリーダー等は飛行機による輸送を普通に行なっているので珍しいものではないのです。
但しブルドック種は見た目とは違いとてもデリケートな犬種のため輸送環境の影響を受けやすく、体調を崩すこともあるので扱いを取りやめている航空会社もあります。

 

 

気になるのは費用ですが、通常なら高くても1万円前後で可能です。
手荷物として持ち込む場合も貨物として送る場合も航空会社によって料金や制約に差があるので、事前に問い合わせて輸送のための条件等も聞いておけば準備もスムーズに行えます。

 

 

ペット輸送の方法としては他に比べて安価なのですが、空港から新居へ運ぶ手段を確保しなければならないのですが、小型種なら予約をしておけば殆どのタクシーで同乗可能です。
大型の場合はレンタカーを借りれば載せることが出来るので、飛行機を降りた後の輸送方法も前もって準備しておいて下さい。

 

⇒「様々なペットの引越し方法について

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報