ピアノの引越しの方法

ピアノの引越しの仕方

ピアノの引越しについて解説しているページです。

 

 

引越しには「あると厄介な荷物」が存在します。
代表的なものはピアノで、その大きさはもちろんですが内部構造がデリケートなために扱いも慎重にしなければならないものです。
しかし、その大きさと一般的な家具を遥かに凌ぐ重量がそれを困難にしています。

 

 

運送にも配慮が必要な荷物のなかでも群を抜いて面倒なものです。
そのため、どの引越し業者もピアノの引越しはオプションとなっていて別料金になっています。
ピアノの運搬費用は非常に高額で、家庭に置かれているピアノで多いアップライト型のものでも移動距離や搬入、搬出環境にもよりますが10万円を超えることもあります。
グランドピアノの引越しともなれば他の荷物と一緒に運搬することが困難なので別にトラックを用意する必要もあり、20万円以上の費用が掛かることもあります。

 

 

更に新居でピアノを弾くには調律も必要なので手痛い出費になることは間違い有りません。
これはピアノというものの特性上どうしても避けられないことなので、お金をかけて大事に運んでもらうしかないのです。
家にピアノがあり、新居へ持っていく必要があるのなら安い引越しはかなり難しく、例え引越し自体の値引きがある程度引き出せたとしても、場合によってはピアノの運搬費用だけで引越し費用の倍掛かることもあるので諦めるほかはありません。
大事なピアノですから、お金をかけてしっかりと運んでもらいましょう。

ピアノの新居の搬入について

引越しの時には、ピアノというものは大きな障害になります。
沢山のお金を払い新居へピアノを運んだとしても、その大きさから家の中に入らないこともあります。

 

 

引越し業者はプロなので、窓等からクレーンで吊り上げたりする技術もあるのでなんとかして家の中に入れようとしますが、ピアノの大きさによってはどうしても無理な場合がありますし、入らなかったピアノをどうにかするにしても新たにお金がかかることになります。

 

 

ピアノを新居へ移動する場合は、必ず新居にそのピアノが入るかどうかを確認して置く必要があるので、引越し業者が見積もりに来た時に必ず相談をしておいて下さい。
明らかに新居への搬入が無理な場合、選択肢は2つに限られます。
依頼した引越し業者か、他の業者で預かってもらうか、売却するかです。
業者であずかってもらうのは有料で、短期ならまだ良いのですが長期になれば高額になります。

 

 

 

新居へ搬入する手段が取れるのなら暫く預けて置くのも良いのですが、新居へ搬入できないのなら売却を考えなければなりません。
しかし、思い出の詰まった大事なピアノであれば売ることに抵抗のある人も居るでしょう。
どうしても売りたくない、新居でも弾きたいのなら、ピアノを分解して家の中で組み立てる方法があります。

 

 

ピアノ分解は専門技術が必要なのでピアノ輸送の専門業者に依頼することになり費用もそれなりにかかるので、思い出の対価として考えておいて下さい。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報