生活保護受給者の引越し

生活保護受給者の引越しについて

生活保護受給者の引越しについて紹介しているページです。

 

 

生活保護を受けている人が引越しをするためには、基本的にやむを得ない事情があり、社会福祉事務所が認めれば可能です。

 

引越しを行い自治体が変わる場合は生活保護を受けている自治体の福祉事務所で生活保護を廃止する必要がありますが、その前にケースワーカーとよく相談をしてください。
転居先が別の自治体になれば、生活保護の廃止はリスクを伴います。
転居先の自治体で新たに生活保護の申請をすることになるのですが、申請が拒否されるということはないにしても支給が決まるまでに最大で一か月程度はかかるので、その間の生活のことを考えなければなりません。

 

 

ケースワーカーが受給に空白期間が出来ないように調整してくれますが、役所の都合もあり支給されない期間が出てくる可能性もあります。
心配なのは引越し費用ですが、社会福祉事務所から一定額が支給され、それを超えれば自己負担になります。
ただしルールがあり、3社から見積もりを取りその中で一番安い業者を選ばなければならず、サービス面より料金が優先されます。

 

新居は自分で探す必要があるので、まず最初に生活保護の範囲内で借りることが出来る住居を探しておく必要があります。
引越し自体は生活保護を受給している本人が主導しますが、社会福祉事務所の指示が出ることもあるので自由がきかない面も出てくることがあり、ある程度の制約を受けてしまう場合もあるのでケースワーカーとよく相談して置いて下さい。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報