引越しは大安に行うべきなのか

引越しは大安に行う必要はない

大安の引越しについて解説しています。

 

 

日本人は習慣を大事にする民族です。
結婚式等を大安に行う人が多いように引越しも大安を選んで行おうという人も未だに多くいます。
たしかに古来からの習慣のようなもので、縁起を担いだ考え方ではあるのですが、必ず引越しを大安にしなければならないという訳ではありません。

 

 

昔ならそういう考え方でも良かったのでしょうが、現代の社会に於いては引越し日を必ず大安にしようとするような余裕はあまりないはずです。
更に、引越しの日を大安にする人はまだ多いということもあり、大安は引越し業者も多くの現場を抱えることもあります。
当然その分引越し料金に跳ね返ってくるので、引越しにかかる費用を出来るだけ抑えたいという面では大きなマイナスになっています。

 

 

習慣を大事にするのも良いのですが、習慣に囚われすぎても良くないのが引越しなのです。
遺言で大安以外は引越しするな、と言われでもしていない限りはあまりに気することはありません。
安い引越しという面での大安吉日は、引越し業者が仕事をあまり抱えていない時期です。

 

 

正確には月の初めあたりが当てはまるのですが、引越し業者が仕事が少ない時期は仕事の奪い合いになるのである程度の割引が期待できます。
場合によっては通常の利用価格から50%の割引になることもあるので、上手く利用すれば費用面での「吉日」を作ることも可能です。
暦を気にするのも良いのですが、どうせなら自分で安い引越しが出来る吉日を作ってしまいましょう。

 

 

仏滅で引越しするのも一つの手段

「大安」や「仏滅」という言葉を聞いたことはないでしょうか。
カレンダー小さくに書いてあるものなのですが、これは暦の一種です。

 

 

高々暦ですが、引越しをする時にこの暦が大きな影響を及ぼすことがあります。
大安とは、「大いに安し」という意味で、何を行うにしても良い日だとされています。

 

 

結婚式を6月の大安に行う人が多いように、引越しも新たな門出として大安に行う人がいるのです。
現在ではその数は減りつつありますが、未だに「引越しは大安に!」と考えている人も多く、大安の日には引越しの数が多くなる傾向があります。

 

 

引越し業者には売上につながるので良いことなのですが、利用者に取ってはその分利用料金に跳ね返ってきてしまいます。
業者次第では大安の日の引越しは通常の利用料金の10%から20%上乗せされることもあり、利用料金面では「大いに高し」になってしまうのです。
ですから、引越し業者にとって引越しの仕事が入りにくい仏滅だと引越し料金を抑える可能性ができるのです。

 

 

新しい地での生活が始まるのですから、縁起を大事にするのは悪いことではありません。
しかし、その縁起のために2割もの料金アップを被るのです。

 

 

お金の問題ではないのかもしれませんが、安い引越しを目指すのならこの2割もの増額は見過ごすわけにはいきません。

 

 

引越しをする日が偶然大安で、どうしてもずらすことが出来ないのなら仕方がありませんが、出来れば大安は可能な限り避けた方が引越し料金を安くすることができます。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報