引越しのトラブルについて

引越しトラブルは起こさないように

引越しトラブル

引越しのトラブルは、残念なことに多く報告されています。

 

 

例え大手でもトラブル事例はあり、ネームバリューだけで引越し業者を選ぶことは危険だと言えます。

 

 

トラブル事例で多いのが荷物関係もので、荷物の紛失や家具の損傷、家の損傷があっても引越し業者が誠意ある対応をしないというものです。

 

 

何度も対応を求めてようやく修繕や弁償してきたという話もたくさんあります。
この手のトラブルは起きてしまうと解決までに時間かかかるので、避けるためには事前に情報を得ておき、トラブルが多く報告されている業者は見積もりも依頼せずかかわりを持たないことが大切です。

 

 

現在ではネット上に引越し業者の評価を集めたサイトも多く存在するので、あまりにトラブル事例が多い引越し業者は避けるようにして下さい。
ただし、利用者側にも問題のあるトラブルも多くあるので、報告されている内容はしっかりと吟味する必要があります。

 

 

例え評判の良い業者を選んだとしても、トラブルが起きる可能性がないわけではありませんが、起きにくくすることはできます。
荷物の紛失ならダンボールに何が入っているかを書き、作業スタッフとコミュニケーションをとりつつ作業をすれば紛失する可能性も少なくなりますし、引越しが終わったら家具や家の損傷がないかを業者と一緒に確認すればその後のトラブルを避けられます。

 

 

うまく業者と付き合うことが、トラブルを減らすことにつながります。

引越しトラブル実例

引越し業者に見積もりを依頼すると、営業マンが見積もりに来て荷物の量や求められるサービス内容、移動距離などから利用料金を計算し提示してきます。
この事務的な作業の中に、とにかく今すぐ契約させてしまおうというある種「営業のテクニック」のようなものを織り交ぜてくることがあります。
一番多いのは長時間居座るタイプで、料金を提示した後値引きを小刻みに出して、数時間居座ってしまうやり方です。

 

 

依頼者はとにかく帰って欲しいがために、どうせ引越しするんだとここで契約をしてしまい失敗してしまうケースがあります。
確かに引越しは行うのでしょうが、依頼者側の選択を妨害してしまう悪質な手口です。

 

 

このような業者で引越しを行えば、トラブルの元になりやすいので、早々に追い返してしまうのが賢明です。
特に見積もりの立会を女性一人で行う場合は居座られると面倒なので、可能な限り2人以上で見積もりに応じるようにしてください。
どうしても1人でしか立ち会えない場合は、業者に何時までには終わらせてくれ、と告げておきましょう。
どうしても帰れと言って帰らない悪質な業者の場合は、大手業者なら見積もりに来た業者がフランチャイズ契約の運送会社であることがあるので、本部へ苦情を入れ見積もりにきた営業の名前を告げて帰るように指示を出してもらうのも良いですが、警察に通報するなどの対応も効果的です。

引越しトラブル スタッフの人数

引越し業者が用意する作業スタッフは、荷物の量やトラックの台数、行う作業量によって変わってきます。
当然ですが、作業スタッフが多くなればなるほど人件費がかかるので、引越し料金もその分高くなってしまいます。
作業に当たる人数は見積もりの時に提示されるですが、荷物量が多く引越しの規模が大きい場合は引越し当日の作業スタッフの人数は必ず確認しておいてください。
というのも、当日に作業スタッフが足りず、派遣会社などからも人員を調達できない場合は本来作業にあたる人間が足りない状態で作業をすることになります。
引越しは契約ですから、見積もりの時に提示してきた作業スタッフの人数が用意できないとなれば、たとえ作業自体に問題が出ないとしても契約上では違反になります。

 

 

悪質な業者になると作業スタッフの人数を多く提示して、実際に作業する人数が少ないということもあります。
引越し業者にとっては、現場で作業をする人間が少ない方が人件費が浮くので、その分売り上げが増えるのです。
引越し料金の内訳には作業スタッフの人数も関係してくるので、実際に提示されていた人数より少ない場合はクレームを入れて減額を求めることもできます。

 

 

本来5人来るはずなのに4人しか来ない状態で、引越し料金の内訳には5人分の人件費が計上されていたら1人分の人件費分を引いてもらうのは当たり前のことです。
作業スタッフが途中でいなくなるということもあるので、作業に来た引越し業者の人数は必ず把握しておいてください。

引越しトラブルあれこれ

無料、と聞けば得をしている気がするものですが、ただより高いものはないという言葉があるように、「無料」というものには裏があるものです。

 

 

引越し業者も無料サービスをいくつか用意していますが、その無料は相手の無知を利用しているものだけかもしれません。
例えば見積もりですが、ほとんどの業者は見積もり無料と謳っていますが、本来は有料なのに無料にしていますよ、というわけではないのです。

 

 

引越し業者の殆どが「標準引越運送約款」というルールを採用しています。
このルールの中に、見積もりは無料にする、ということが書かれているだけなので、単純にルールを守っているだけのことなのです。

 

 

ダンボール○○枚まで無料、にもちゃんと裏があります。
ホームセンターなどにダンボールが売っていますが、値段を見ると結構な値段がします。
そんなものを無料で提供するはずがありません。

 

 

ダンボール分の料金は、見積もりで出てきた利用料金の中に含まれています。
ダンボール料として料金を請求していないだけなのです。
つまり、ダンボールの表向き無料提供は契約を取らないと業者の損益になるので、契約の前にダンボールを置いていくような業者は契約をしないと料金を請求してくることがあります。

 

 

勝手に置いて行ったものなので払う必要はありませんが、トラブルの元なのでダンボールを置いて行こうとしたら受け取らず、追い返して契約をしないほうが安全です。
無料という言葉は魅力的ですが、そう甘くはないので騙されないようにしてください。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報