引越しの営業マンの注意点

引越しの営業マンについて

引越し時の営業マンについて記載しているページです。

 

 

例え大手の引越し業者でも、作業スタッフの質が悪ければ引越し作業に問題が出たり、対応が良くない為に不愉快な思いをしたりと問題になることが出てきます。

 

 

これらを防ぐには、いかに良い作業スタッフを連れてきてもらうかに掛かってきます。
良いスタッフを連れてきてもらうためには、引越し業者側にミスが許されない依頼者であるということを認識させる必要があります。
それには、見積もりに来た営業マンに少し警戒してもらう必要があります。
そのためには、利用料金の交渉のときに引越しがどういう流れで行われているのかを知っているようなそぶりを見せる必要があります。

 

 

例えば見積もり書に書かれている価格をみて値下げ交渉をするときに、漠然と安くしてくれ、というのではなく、荷物が少ないことを理由にして作業スタッフの数を減らすことを求めてみたり、具体的にダンボールの個数で荷物の量を提示してみたりして、引越し作業の内容を知っていることをさりげなく営業マンに知らせるのです。

 

 

引越しの評価サイトで評判が良かったからと言ってみるのも良いでしょう。
もちろんこれで完璧に質の良い作業スタッフが来るとは言い切れないので、交渉の時に熟練者を連れてくるなら契約するということを言ってみるのも良い方法です。
営業マンがこの人に下手なことはできないと感じさせることが出来れば勝ちですが、あまり突っ込んでボロを出してしまわないように注意して下さい。

 

強引な営業に注意をしよう

引越し業者から見積もりを取るということは、どの業者を利用するかを選別する作業です。
引越し業者は利用者からの契約を得るために、損益にならない範囲で利用者の希望に沿うことでアピールする商談でもあります。
これは利用者が依頼という「エサ」をぶら下げて、引越し業者に競わせることで有利な条件を引き出すようなもので、イメージとしてはオークションのようなものだと言えるのですが、もしここで業者側が利用者の選択肢を狭めてしまうようなことをしてきたらどうでしょうか。

 

 

例えば、見積もりに来た営業マンが梱包材を置いていったり、作業スタッフを連れてきて契約もしていないのに引越し作業にかかわることを行ったりすれば断りにくくなります。
さらに、今すぐ契約しないと忙しいので受けられない、今すぐ契約してくれれば割引をする等と言われれば焦燥感に煽られ契約してしまうということもあり得ます。
これらの行為は利用者の不利益になるもので、本来であれば利用者は見積もりを元にどの業者を選ぶものですが、それを妨害してとにかく契約を取ってしまおうという悪質な手口です。
酷いものになると勝手に持ってきた梱包材の料金を請求するような輩も存在します。

 

 

見積もりは料金を決める場でもありますが、相手の業者がどういう所か、引越しを任せても大丈夫なのかを見極める場でもあります。
強引な方法を取ってくるような業者を信頼するかどうかは個人の判断ですが、だめだと思ったのならきっぱりと断るようにして下さい。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報