引越し時のクレームについて

引越し時のクレーム対応

引越しのクレーム対応について記載しているページです。

 

 

引越しの作業中にはトラブルが起きてしまうこともあります。

 

 

業者から来ている作業員は引越しのプロではありますが、派遣会社等からきているその日限りのアルバイトや、まだ引越し業務に就いて間もない人もいるために作業の質がばらついてしまうこともありますし、いくら熟練者だったとしても人間の行うことなのでミスはつきものです。

 

 

大事な家具や家に傷をつけられたり、荷物を紛失されてしまったり、指示を怒声混じりで行うようなことがあれば利用者側にとって不愉快以外の何物でもありませんし、クレーム対応が不誠実なものであれば感情をあらわにして怒るのも仕方のないことです。
しかし、感情に任せても良い結果は生まれません。

 

 

クレームを入れなければならない時は、どんなに怒りが湧き起こっていたとしても紳士的な対応を取るようにして下さい。
感情に任せてしまっていては、事態を余計にややこしくしてしまいかねません。
なぜそのクレームに至ったのかを説明して、淡々と業者側に対応を求めて損害以上の対応要求はしないようにしましょう。

 

 

場合によっては現場の作業員では判断出来ないこともあるので、即答が得られないこともあるので、作業員に当たるようなことは避けて下さい。
損害に対して過剰な弁償を求めた時点でそれは言いがかりに過ぎません。
もし業者側が不誠実な対応を取ったとしても決して怒りに任せた発言は禁物です。
冷静に、行うべきことを行っていくことが問題の早期解決に繋がります。

 

引越しのクレーム処理について

 

「引っ越しを無事に終えた後、生活を始めてみると家具や家に見慣れない傷が…」「押し入れに詰め込んだものが必要になったので、出そうとしたらなぜか無い」
荷物の移動を伴い引越しは、家具を傷めたり家を傷めたり、荷物がなくなってしまったりといったトラブルが起きてしまうことがあります。
引越し業者はプロなのでそういうことを起こしてはいけないのですが、人のすることなのでミスはどうしても発生してしまうものです。

 

 

もし家具や家に引越し前にはなかった傷や、荷物がなくなっていることに気づいたら利用した引越し業者にクレームをいれて、修繕費用の請求や弁償をしてもらわなければなりませんが、基本的に引越しをした日から3か月以内に連絡をしないと受け付けてもらえません。

 

 

どうしても個人では解決が出来ない場合は、国土交通省や運輸局、トラック協会や国民生活センターなどに相談をしてアドバイスを受けつつ、各機関へ相談していることを引越し業者に伝えたうえで対応を求めてみて下さい。

 

⇒「クレームの入れ方について

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報