引越しの見積もり時の注意点について

引越し見積もり時の注意点

引越し見積もり時の注意点について記載しているページです。

 

 

引越し業者の見積もりは、引越し料金が決まる大事な場面です。
ここでどういう風に交渉をして利用料金を下げていくかが利用者側の正念場でもありますが、相手は業者、値切り交渉は毎日のことなのでそう簡単にはうまく話は進みません。

 

 

相手も仕事が取れるかどうかの大事な場面なのである程度の値引きは引き出せますが、それは業者側からすれば想定内の値引きでしかありません。
それ以上の値引きを引き出そうとするのなら、心構えと知識が必要になっています。

 

 

例えば、今契約すればこの値段で、と言われたらどうしましょう。
「今契約をすれば」という言葉で、あたかも利用料金が安く、急いで契約しないとこの料金で利用できなくなると感じてしまい言われるがままに契約してしまうようではいけません。

 

 

相手は営業職です。
言われるがままに流されてしまうと相手の思うつぼになってしまいます。
あわてなくても、今契約をしないとその料金で引越しができなくなるというわけではありません。

 

 

相手は単純に荷物量や求めた作業などから利用料金を算出しただけで、今契約しないと提示された値段で利用できないなんてことはないのです。
ほかの引越し業者の見積もりなどをさせないように契約させて仕事を取ってしまおうという策略なので、相手の言うがままに流されてその場で即決は絶対にしないようにしてください。

 

 

引越しの見積もりは必ず複数の引越し業者に依頼して自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

引越し見積もり時のトラブルについて

引越業者が提示した見積書は、契約書と同じものです。

 

 

サインをしてしまえば、そこに書かれていることは契約なので必ず行う必要があります。

 

 

引越業者が見積もりにきて、荷物の量を確認し運ぶ荷物の量を書くのですが、見積もりをした営業マンの見立て違いが原因で、いざ引越し当日となったときに荷物がトラックに積み切れないと言ったことがあります。

 

 

引越しには有りがちなトラブルですが、間違えたのは引越業者です。
当然その責任は取ってもらわないといけません。
見積書に書かれている荷物は何があろうとも業者には必ず運ぶ義務があります。
業者側はたとえトラックに積み切れなくてもその荷物は運ばなければならないのですが、性質の悪い業者や作業員だと対応に難色を示すこともあるので、その場合は引越業者に電話をして、見積もりを行った営業マンか、責任者に対応を求めます。

 

 

引越し先の距離によって対応は変わりますが、ほとんどの場合はトラックでピストン輸送をすることになります。
遠距離の場合は他の手段を考えなければならないので引越業者とよく話し合ってください。

 

 

見積もりミスによる積み残しは主にネット上だけで行う見積もりで起きやすく、ネット上だけで行う見積もりは簡易的なものなのでトラブルも多めです。
積み残しは引越し全体の遅れにもつながるので、見積りは現地に来てもらい、積み残しが発生した場合の対応も予め相談しておいてください。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報