引越し時の運転免許証の住所変更

引越し時には運転免許証の住所変更をしておこう

運転免許証に記載されている住所が変更になった場合には、変更届けをする必要があります。
変更届けを出さなければ免許が使用できなくなるといった事はありませんが、更新などがあった場合に、免許証に記載してある住所に連絡が行くので、更新を忘れてしなうという事態にもなりかねません。
もしも更新を忘れると運転免許証の失効という事で、運転できなくなってしまいます。

 

 

どのように免許証の変更手続きをするのかというと、新住所が管轄する警察署か運転免許センターに行けばよいのです。
警察署なら運転免許課というものがありますので、そちらに行けば更新が可能です。

 

 

警察署も平日の速い時間帯に受付が終了してしまうので、仕事の都合上行けないという方もいると思います。
警察署に行けない場合には、運転免許センターに行く必要があります。
運転免許センターなら日曜日に手続きが出来る場合があるので、日程を確認しておきましょう。
時間帯も決まっているので、あらかじめ予定をたてておく必要があります。

 

 

【必要なもの】

・変更届(※警察署もしくは運転免許センターにあります)
・運転免許証
・新住所を確認できるもの
・印鑑(※認印でも可能)
・他都道府県の場合、6ヶ月以内に撮影した申請用写真(※不要の場合があります)
・外国人の場合、外国人登録証明書

 

 

新住居を確認できるものの裏技として、新住所宛にハガキを出して、消印がついたハガキを持っていっても問題ありませんので、役所に行って住民票などを取ってくる必要がありません。

 

更新にお金は不要となりますので、できる限り早めに手続きを済ませるようにしましょう。

引越しをするならズバット引越し比較の無料見積もり

 

引越しをする際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

ズバット引越し比較

サイト利用者300万人突破!
94%の方がリピート希望の実績のある引越し比較サイト!

 

全国各地210社以上の引越し業者への見積もりに対応しているので、アナタが思っている以上に安く引越しができます。

 

【ズバット引越し比較の魅力】

 

  • たったの1分で申し込み完了!
  • 引越し業者210社以上から無料で簡単見積もりができる
  • 料金はもちろん、引越し業者のサービスも比較できる

 

引越しを考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
簡単見積もりから⇒カンタン約1分の引越し見積もり

 

最大50%OFF!50,000円も安くなるその理由とは…

引越し一括見積もり[無料]

 

 
TOPページ 引越し業者口コミ 基礎知識 お役立ち情報